So-net無料ブログ作成
検索選択

オダギリ・ジョー主演:『蟲師(むしし)』の完成披露試写会に行ってきました [試写会]

新宿ミラノ2で行われた『蟲師(むしし)』舞台挨拶&試写会に潜入しました

ベネチア映画祭コンペティション作品で
海外オファーも殺到しているこの映画

原作は月刊『アフタヌーン』(講談社)で連載中の同名のコミック

累計290万部のヒットを放つほどの人気作を作品を実写化したものとあって
原作ファンからも期待されているものなのです o(^o^o)(o^o^)o ワクワク

しかも監督は
『AKIRA』や『スチームボーイ』で世界的な人気を誇る大友克洋さんとあって
主演のオダギリ・ジョーも即この出演を決めたそうです。

舞台挨拶にはこのお二人が登場しました。

オダギリ・ジョーは個性的なファッション身をまとっていましたね~w(°o°)w 
彼らしいとも言いますが・・・

『蟲師』のストーリーは、およそ100年前の日本を舞台にした一人の"蟲師"の物語。
普通の人の目には見えない、動物でも植物でもない生き物"蟲(むし)"を見ることができ、
蟲が引き起こす不思議な現象を解明する"蟲師"。
主人公の蟲師ギンコは、蟲を引き寄せる特異体質のため、果てしない旅を続けていた・・・。

ファンタジー系の作品で、内容的にはちょっと難しいかも。

コミックで予習してから観た方が分かりやすいかもしれませんよ

舞台が100年前の日本という設定だったので、
実際に日本の原風景を捜し求めて果てしない旅に出たという大友監督。
原作のイメージを崩さずに、自然にこだわって撮影したそうです。

私達ロケーションジャパンのコンセプトでもある
『日本の良さを知ってほしい』という思いに通じるものがあります(・ε・)ノ !

映画の脇を固めるキャストには、
江角マキコ、大森南朋、蒼井優などの顔ぶれが

話題を呼ぶこと間違いなしの『蟲師』は、2007年3月24日から全国ロードショー。

この映画の裏話はロケーションジャパン4月号でも
紹介していますのでぜひご覧下さい☆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。